スクール開校をお考えの方へ|福岡のプリザーブドフラワーアレンジメントスクール「Dolce Fiore(ドルチェ フィオーレ)」

スクール開校をお考えの方へ

開校にはふたつの方法があります

開校にはふたつの方法があります画像

プリザーブドフラワーアレンジメントスクールの開校とひとくちに言っても、大きく分けて2つの進路が考えられます。
ひとつは、「認定校として開校する方法」、もうひとつは「個人スクールとして開校する方法」です。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、どちらがあなたに合っているかを比較・検討してみてください

スクール・協会の認定校として開校する

個人スクールとして開校する

スクール・協会の認定校として開校する

スクール・協会の認定校として開校する画像

スクール・協会のほとんどが、資格(ディプロマ)取得後に認定講師(認定校)として認めることが多いようです。年会費などの支払いが必要なケースが多いですが、支払うことでさまざまなサポートを受けられます。

※認定講師・認定校へのサポート内容は、スクール・協会によって異なります。サポート内容は入会前にきちんと確認しておきましょう。

メリット

・スクールや協会のホームページで紹介してもらえる(有料の場合あり)
・協会によっては花材や資材を卸売価格で購入できる
・スクールや協会のカリキュラムを使用して生徒さんを指導することが許される
・協会によっては花材や資材の仕入先を教えてくれる


スクール・協会の認定校として開校する画像

認定講師・認定校となったものの、「自由にやりたい」と認定講師・認定校を返上する先生もいらっしゃいます。メリット(協会やスクールから受けられるサポート)と、デメリット(費用や制約)を確認したうえで、認定講師(認定校)になるかどうかを決めましょう。
そして、各協会・スクールの認定講師(認定校)となった修了生が、順調に教室を開業・運営しているかをチェックしておきましょう。

個人スクールとして開校する

スクール・協会の認定を受けずに、個人で独立して開校する方法です。
スクール・協会のサポートは受けられませんが、自分の思いどおりにやりたいという方にはおすすめです。

メリット

・花材や教材を自由に選べる
・スクール・協会への報告などがいらない

お問い合わせ・資料請求はこちら